スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第88回 + 3回 オタクパーティーに行ってみた

オタク スペース パーティーというキーワードで検索すると
いくつかオタク趣味の人たちが
参加するパーティーが見つかった。
その中からアイムシングルというパーティーが近場でやってるようだったので友達と
行ってみることにした。
男4500円くらいで女0円という男冷遇女厚遇の典型的なパーティー。
タダだから参加したクソブスがいることは前提だが参加者が若い子ばかりだったので
若さにつられてしまった。

会場は心斎橋近くの某ホテル。
受付済まして会場に入るとドラクエやFFのBGMが流れている。
このレベルならライトなオタクの私でも分かる。
1つの長テーブルに男女が2名ずつ、そんなのが8組ほど。
スタッフに案内され席につく。
前に座ってる子はショートカットで顔はなかなか可愛い、
どちらかというと当たりの席だ。
プロフィールカードがあったので記入する。
周り見渡すとまあまあ悪く無いレベル。
友人は運悪くその中でも最低レベルの子の正面にに座った。
目が死んで戦意を喪失していた。

パーティーが始まりまず前に座ってることプロフィールカードを交換する。
年齢は32歳、年齢より若くみえるなあ。
好きなアニメは進撃の巨人・・・
1話は見たけどその後見ることはなかったアニメ。
オタク系の話は合わないと判断して普通の会話に切り替えて場をもたせる。
2分程してドラクエのレベルアップした時のBGMが流れる。
これが会話終了の合図のようだ。

同じような手順で全員と会話。
見た目良い子が4、5人いた。
次はフリータイムで自分で好きな席に移動。
当然見た目が良い子のところは競争率が高い。
被ったらジャンケンで決めることになる。
逆に人気のないとこは惨めだ、年齢高めのBBAのところとブス界に属する子の
ところには誰もこない。
悲しい現実、お金払ってまで味わいたくない状況、タダでよかったね。
私は見た目良い子2人と最初の席の子と会話できたのでなかなかの成果だ。

フリータイムの後に希望する相手を3人くらい紙に書いて提出。
カップルになった人にはどの人とカップルになったか紙が渡されていた。
私は最初の席の子とカップルになって連絡先を交換してその日は解散。
とりあえず趣味が同じ子と知り合うことはできた。
ただ、広い意味で趣味は同じでも好きな作品が違ってたら会話は難しいという
問題が新たに発覚した。
とりあえずしばらくメールでやりとりしてオタク趣味以外でも合う部分を探そう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。